--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/08/31

夏休み特別企画 串かつ屋さんへ行って串かつを食べないという選択

20160831串かつc最近の新世界串かつ屋さんバトルはますます過熱しているようで、串かつ全種類100円や80円とかはもう普通、これにさらに拍車をくわえるように、串かつ60分食べ放題1500円、そしてお酒60分飲み放題1000円という看板もよく見ます。しかし串かつ60分食べ放題と言われてもそんなに食べれるものではなく、だいたい限界は12〜14本くらいまでかな。

20160831串かつa食べれる量を想定できたら、次は何を注文するかという選択を迫られます。そこでまず一番に思い浮ぶのが定番「串かつ(牛肉)」でしょう。新世界に来て「串かつ(牛肉)」を食べないわけにはいきませんからね。しかし申し訳ないですが、私は新世界で「串かつ(牛肉)」を美味しいと思ったことはありません。というよりもっと高級な串揚げ屋さんに行けば美味しい「串かつ(牛肉)」にありつけれるのかもしれませんが、少なくとも新世界でこれは美味しい!と思う「串かつ(牛肉)」に当たったことはまだないのです。

20160831串かつbこれは全くの自分の好みかもしれませんが、サクサクとした衣に合う串かつ食材というのは口に入れた時の食感や舌触りの良い、ねっとりした「ささみ」やジューシィーな「貝柱」、コリコリした「レンコン」やとろけるような「チーズ」や「お餅」、口の中でクシュとつぶれる「玉ねぎ」や「オクラ」、ぷりぷりホクホクとした「うずら玉子」の方が、まるでゴムのような「串かつ(牛肉)」より串かつ食材に合っていて明らかに美味しいのではないだろうか?と内心ずっと思っています。

また店側としても、おそらく来店した客の99%は必ず注文するであろう「串かつ(牛肉)」は調理的にもコスト的にも最小限の努力だけで必ず売れる一品であり、料理としての創意工夫や他店との競争原理すら働かない一品ではないだろうか、と疑心暗鬼の念を持ってしまうのは私だけ? ま、それだけ他の食材の方が美味しいと感じるわけで。

ということで、一回に食べれる量として12〜14本ならば、その中にあえて「串かつ(牛肉)」を入れる必要はない、串かつ屋さんに行って「串かつ(牛肉)」を食べない選択もアリなのではないかと思う今日この頃なのです。(これにて夏休み特別企画4部作 終了でーす)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。