--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/08/05

来年もよろしくお願い申し上げます(鶏皮半年レビュー)

今年も残すところあとわずか150日となりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
この焼き鳥ブログを2016年1月13日に始めてはや半年以上、最初の頃はもうネタ切れは近いのではないですか?と嘲笑されながらも、なんとか続けてこれたのもこのブログ記事を読んでいただいている皆さんがいたおかげです。ありがとうございます。

ということで今回は、半年間自宅マンションの台所の換気扇下で焼き鳥を焼き続けて、どのくらい焼きテクは上達したのかをレビューしたいと思います。まずは下の写真を見てください。20160228かわaこの写真を初めて見た人は、おそらく「これは何???」と思われるかもしれませんが、これは「鶏皮」ですから(๑•́‧̫•̀๑) 最初は鶏皮の串打ちの仕方も分からず、とにかく見よう見まねで串打ちをしてとりあえず焼いてみた1ショットなんですがね。今見るとたしかにヒドイですね
(´▽`) '`,、'`,、

その後は、焼き鳥を食べに行っては写真を撮り食べに行っては写真を撮りを繰り返し、そしてその外で撮った写真に近いように焼き上げることを延々と繰り返し、、、20160807かわaこの「鶏皮」写真は最近撮ったものですが、だいぶ進歩していると思いませんか?(▰∀◕)ノ 自分が焼き鳥を焼く時は、色々なこだわりがあって。ある時期に気付いたのは、串はやはり「見た目」も大事な要因で、美しい串は味覚をもアップさせる効果があるということでした。それ以降は、焼き台にて余裕があればなるべく丁寧に綺麗に焼くことを目指しています(焼く本数が多ければそれだけ雑になってしまいますが)。

ブログを見ている方より最近よく言われるのが、私の焼き鳥を一度食べてみたいという嬉しいお言葉です。自分的にはもちろん喜んで!と言いたいのですが、焼く場所にいつも悩んでしまいます。今年の夏は例年以上の猛暑が続きますが、また涼しくなってきたらBBQも兼ねて外でごちそうできたらなと考えております。かしこ。

コメント

非公開コメント

No title

確かにうまそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。