--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/12/24

一品メニューシリーズ(せせりのポンズ)

20161224ぽんずa前回の生肝に続き、最近は一品シリーズをお家で再現しています。今回は、ある安系居酒屋さんで最初の付きだしで「せせりのポンズ」を出しておられたのを思い出し、初めて作ってみました。せせりはちょっとでも身が大きくぷりぷりの方が、身が細いブロイラー鶏より美味しいかと思い、わざわざ店を選んで買ってきました。

ポンズには、中村商店さん(大阪市天王寺区)の「谷町ぽんず」を使用。材料に、「鹿児島県枕崎本枯節」 「北海道尾札部産昆布」 「特選丸大豆醤油」 「大分県産香信椎茸」 「徳島 県産すだち」 「高知県産ゆず」 「純米酢」 「本みりん」 を使用している、無添加のこだわりポン酢です。すだちとゆずと醤油のバランスがよく、非常に奥行きがある風味、それと一つ驚くのはうまみ成分として「グルタミン酸(昆布)」「イノシン酸(鰹節)「グアニル酸(椎茸)」が入っていること。このうまみ成分三兄弟入りは、私のタレと同じ配合なのですよ(笑)この「谷町ポンズ」はだいぶ前にある方よりいただきましたが、冷蔵庫に大事にしまっていたものを取り出して使いました。

20161224ぽんずbそのお店で食べた「せせりのポンズ」は身をボイルしていたので、それを真似るために耐熱パックに入れて温度を65度で白くなるまでボイルしようとしたのですが、最初から大失敗、写真撮っている間に温度が80度くらいまで上がってしまい、肉汁ドロップが出て身が少し固くなってしまったかもしれない(汗)

もう肉汁流出はあきらめて、最初からそのまま熱湯100度でボイルして冷水で冷やすかどうかは次回の課題に。試食結果、今日つくったものはけっこう美味しかったのですが、ポンズの味を染み込ますためにポンズをかけてからしばらく30分くらい置いた方が良い、みたいでした(備忘録)

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。