2016/09/23

今日のお家で焼き鳥(高級陶器使用のせせり)

20160918せせりbある方より「ぜひ焼き鳥に使って下さい」と、すごく雰囲気のあるお皿を頂きましたので、さっそくせせりを焼いて使ってました。

今までこの焼き鳥ブログに登場している数々のお皿達、こだわりを持っていそうに見えて実はあまりこだわってなかったりして。普段のブログ写真に使われているお皿は、実は全部100均で買ったものなんですよね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶  100均各社、和風や洋風タイプのお皿をたくさん出していますが、いつも時間ある時に定期的にお店に立ち寄って、これいいナーと思うものを少しづつ買い集めて撮影用に使っています。
20160918せせりa今回いただいたお皿は、まるで小料理屋にでてくる高級陶器のようで、焼き鳥の味がそれだけで間違いなくワンランクUP! 今さらですが、料理と食器というのは切っても切れない密接な関係があるわけで、陶芸の作り手の情熱がより感じられるお皿の方が、なにかこう波動が伝わって気持ち良く使えます。これが野外バーベキューに使うような紙皿だったら、味は同じでもそれだけでテンションが下がってしまうかな(。>﹏<。) 食器はまさに料理人のセンスが問われる重要ポイントですよね(o^∀^o)
2016/09/19

今日のお家で焼き鳥(焼き鳥丼)

20160919焼き鳥丼久々に「焼き鳥丼」を作ってみました。週末の昼食にぴったりのメニューです。串の種類は、会社の前にあるランチ営業もやっている焼き鳥屋さんの種類をそのままパクリました(≧▽≦) モモとつくねとうずらと獅子唐です。丼のごはんにたれ15ccをかけて海苔をひき、たれ味の串4本をのせます。

今回初めてのチャレンジは、いつも買っている鶏肉屋さんで出来合いのつくねを買って使ってみたことです。いちおう買う時には、このつくねは自家製か冷凍商品かはお店のお兄さんに確認しました。私の今までのつくねは一応手作り、鶏ももミンチ100%ときざみ大葉とショウガをコネコネ合わせて作っていましたが、昼食用の焼き鳥丼のためのつくね作成に一時間以上とられるのはどうも作業効率が悪いことに気がつき( ᵅั ᴈ ᵅั;)~、今回鶏ミンチの横に置いてあった成型済みのつくねを試したわけなのです。

成型済みのつくねの味はまずまず。100gあたりの値段も鶏ももミンチより安いし、コストパフォーマンスは◎ しかしながら焼き鳥丼用には良いけども、晩の焼き鳥ディナー用にはちょっとインパクトが足りないかな。やはり鶏もも100%ミンチで作る、汁がしたたるジューシィーなホンモノつくねにかなうものはないですネ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و
2016/09/04

焼き鳥ブログ半年レビュー(ささみ)

夏休みも終わりまして今年も既に9月入りしましたが気温はまだまだ真夏並み、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。さて一ヶ月前のブログ記事で、焼き鳥ブログ半年レビューとして自宅マンションの台所の換気扇下で焼き鳥を焼き続けてどのくらい焼きテクが上達したのかを「鶏皮」の写真で紹介しましたが、今回は一番変わったであろう串を紹介致します。

20150119ささみ2それは「ささみ」です。はい、この写真2016年1月20日にアップしたものですが、間違いなく「ささみ(わさび)」です(ノ≧ڡ≦)テヘ 今考えると、よくもこんな得体の知れない串写真をあげていたなあ、と。

20160904ささみcそしてこれが最近焼いた「ささみ(柚子胡椒)」です。これも「鶏皮」同様、焼き鳥を食べに行っては写真を撮り食べに行っては写真を撮りを繰り返し、そしてその外で撮った写真に近いように焼き上げることを延々と繰り返した結果かな。

20160904ささみb個人的には、この「ささみ」の出来もまだまだ未熟、焼きも奥が深いよなあと思っています。今の課題は、ささみをどの程度半レア状態で完成させるかというところです。美味しい焼き鳥さんに行くと、絶妙の半レア状態で出てくるのをよく見るのですが、もともと食材も朝引きなどの新鮮なものを使っているんだろうなと思います。残念ながら私の近所の鶏肉屋さんでは朝引きささみが入手できず。あと焼き具合も食べる人の環境によって好きずきあって、家で焼いて食べてもらう時に「このささみ、ちょっと半生すぎ...」と返品される時があるのです。ようは焼き鳥は食べる環境によって焼き程度をも変える必要がある!ということなのでしょう。

焼き鳥は串打ち3年焼き一生、半年なんてまだまだヒヨッコ、 私の自宅マンション焼き鳥道はまだまだ続きそうです(๑•̀ㅂ•́)و✧