2016/04/06

100均グッズで室内焼き鳥コンロを作ってみた (6)

20160406簡易コンロa次は砂ずりを焼いてみました。焼きはじめて全体がぷっくりし始めてきたら焼き上がりが近いです。レア気味に焼くかウエルダン気味に焼くかは、人それぞれですね。
20160406簡易コンロbはい、砂ずりの完成です。お家で、串の打ちたて焼きたてを食べるのは本当に美味しいんですよ。少なくとも鳥○族さんよりは、確実に安くて美味しい(^^;) 最近は280円均一焼き鳥店が増えましたが、家で焼けば280円もあれば、せせり2本(50g)砂ずり2本(50g)レバー2本(50g)ハツ2本(50g)食べれます、それも新鮮な。というのは280円均一焼き鳥店では、明らかにその日に串打ちしていない串が平気で出てくる時があるんですよね。だってねぎまのネギに張りがなくシワシワになっていれば、だいたいはタイ産の冷凍焼き鳥なんだろうなと想像してしまいます(→美味しい焼き鳥屋の見分け方は、また今度のブログ記事に書くことにします)
20160406簡易コンロdあと補足説明ですが、この100均室内簡易コンロでは、一度に串がだいたい3〜4本焼けます。炭を使っていると時間の経過と共に火力が落ちる時があると思いますが、まずは炭のまわりについている白い灰をトングでトントンと落としそれでも弱いと感じた時は、また煙突管にいったん戻して放置すれば、最初の火力に戻ります。室内ですからね、団扇であおいだら灰が飛び散ってあとの掃除が大変になるので団扇は使わない方がよいです。

以上、6回にわけて100均グッズを使った室内焼き鳥コンロシリーズをブログ記事にて紹介させていただきました。最初に書かさせてもらいましたが、炭さえあればどこでも焼ける、炭を制するものは焼き鳥を制する! この言葉の真意は、皆さんがほんの少しだけ炭の取り扱いに慣れればだれでも意外と簡単に自宅室内で安価に焼き鳥が焼けるということを伝えたかったのです。また室内の煙対策にしても、煙が出ない(or 少ない)部位を選べば意外と室内でも焼き鳥が焼けます。煙が出ない(or 少ない)部位とは、ささみ、砂ずり、レバー、ハツ、なんこつ。もも(ねぎま)とせせりとつくねは少し煙が出ます。皮と手羽は超要注意ですね。

さてこれを見られた方で、この部分のやり方が分からないとか、もっとこんな便利で簡単な方法があるとかの情報ありましたら、ご遠慮なく当方まで連絡して下さい。ブログを通しての皆さんとの交流も私のモチベーションとなります。 
2016/04/05

100均グッズで室内焼き鳥コンロを作ってみた (5)

20160405簡易コンロaでは、さっそく焼いて行きましょう!最初は、せせりを用意しました。串打ちは各々のレベルでご自由にやってくださいね(^^;) 塩加減は最初は薄めに、そして様子を見ながら自分の好みの塩加減を見つけていって下さい。20160405簡易コンロbところで炭火で焼くときは遠火の強火が一番良いってBBQか焼き鳥記事によく書かれているのを見ますが、いつもそうとは限らないと思います。そもそも厳密に言うと、部位によって火の強弱の加減があるはずです。また、たしかに時間をかけて遠火の強火ができるのならそれにこしたことはないのですが、実際、安価な焼き鳥店へ行くともうめちゃくちゃ炭の近くで焼いているのをよく見るんですよね。近火でちゃっちゃっと焼かないと、次から次へとくる注文がこなせないからです。遠火の強火なんかでチンタラやっていると、お客さんが待ちきれなくて怒って帰ってしまうのが現実なんでしょう。ここに一流店と三流店の技術の差が出てくると思います。

焼き方については、本当に美味しい焼き方とは、炭より少しだけ離して焼いて表面を固めてから遠赤外線の力で中身をじっくりと焼く。そうすると外はカリッと中はしっとりという焼き上がりになります。言葉でいうと簡単ですが、やはり焼きは難しい。「串打ち三年、焼き一生」というのは本当だと思います。

20160405簡易コンロcさあ焼けましたよ、せせりの塩!火が近いこともあり、けっこう短時間ですぐに焼き上がります。まるので本当の焼き鳥屋さんのようなスピードでっせ (^^;) オガ炭は炎が出やすいので、せせりとかももとか脂の多い部位を焼く時は炎が出たらすぐに口の息(笑)で消火するようにして下さい。ススで真っ黒になってしまいますからね。(続く)
2016/04/04

100均グッズで室内焼き鳥コンロを作ってみた (4)

20160404簡易コンロa今回の炭は、コストセーブのためにもオガ炭を使用します。また、オガ炭は長方形に形が整っているので並べて置いたりすればミニマムサイズにセットしやすいです。この写真のようにオガ炭を4つ用意し、網を置いた台所ガスコンロの上で5分間中火で炙って最初の火を着火させます。
20160404簡易コンロdそして鉄枠プランターに雪平鍋をセットし、網を置いてその中央に煙突管(底を缶切りで切ったオイルポット)をたてます。鉄枠プランターの高さは25cmあるので、これだけ高いと設置したところの下が熱で焦げるということはまずありません。
20160404簡易コンロb中火のガスコンロで炙って着火させたオガ炭を、トングを使って煙突管へ移動させ、さらに完全着火させます。だいたい20分くらい放置でこの写真くらいに全体に火がまわってきます。
20160401簡易コンロa煙突管に入れた炭全体に火が回ったら、網をいったん持ち上げて(火傷に注意です!)、トングを使って炭を雪平鍋に移動して敷きつめ、焼き網をかぶせれば焼き台の完成です。では次回、このコンロで実際に焼いてみることにしましょう。(続く)
2016/04/03

100均グッズで室内焼き鳥コンロを作ってみた (3)

20160403簡易コンロe
室内で炭に火を着けるときは、着火剤を使ったりとか新聞紙なんかを燃やしてはいけません。そして室内で密かに静かに炭に火を着けていくため、ここでも煙突管の仕組みを使って炭を完全燃焼状態にします。

100均ショップで、煙突管に使える空き缶風のものがないかと探すと、天ぷらとかで使った油を捨てるオイルポットがありました。この缶の底を缶切りで切って、煙突状の空洞の筒にします。20160403簡易コンロf
この缶の中に少しだけ火が着いた炭を4つだけ入れて、熱源を缶の中で循環させ炭に完全着火させていきます。
20160403簡易コンロh
では次回、実際にこれを台所に持っていき炭に着火させていきましょう(続く)
2016/04/02

100均グッズで室内焼き鳥コンロを作ってみた (2)

では100均グッズで作る室内焼き鳥コンロのそれぞれのパーツと組み上げ方を説明していきます。
20160403簡易コンロb
まずコンロ部分にあたるところは、雪平鍋(ゆきひらなべ)を使います。木製の取っ手がついているので、じかに持っての移動も可能です。

通常のコンロでは炭の燃焼に空気が必要ということで底に通気口の穴が空けられているのが多いのですが、今回の簡易コンロではそんな細かいことは無視です(笑)

20160403簡易コンロa
花壇プランターの鉄わくです。100均ショップではいくつかのサイズがありましたので、雪平鍋(ゆきひらなべ)のサイズにぴったりのものをチョイスします。ちなみにこれは、高さが25cmのものです。
20160403簡易コンロc20160403簡易コンロg
焼き網を2枚買います。焼き台に使うもの1枚と炭に着火させる時にガスコンロに置くための1枚を交互に使っていきます。

上の丸い網の方、100均ショップではケーキの台として売られていましたが、なぜか雪平鍋と申し合わせたようにサイズがぴったり。今回はたまたまサイズぴったりのものを選びましたが、焼き網に使えそうなら下の写真の網のような雪平鍋より大きいサイズ2枚でもオーケーです。大きめの網の方が、移動させる時に端を持つスペースがあって便利だからです。
20160403簡易コンロg
なぜかぴったり、フフフ↑

20160403簡易コンロd
これが、まずは第一段階の完成図となります。(続く)